実は通信制限になると、速度は著しく衰えます。

ただの機械に成り下がってしまいます。

動画、ゲームは出来なくなります。

WEBの操作、ツイッターの呟きなど、面倒になるんです。

これでは重いプラスチックの部品です。

そんな状況下に置かれた僕が、苦心して調査した、とうとう、速度制限の対策法を、編み出しました。

まずは128kbがなんなのか把握しましょう。

言葉で言っても分からない方のために、実際に練習したほうが、理解できますね。

それなのに7GBを使い切る、使う人にとって、直ぐに2GBなんて使い切ってしまいます。

WEBページの閲覧でも、さまざまな危険分子があり、思わぬ事態をまねく可能性があります。

画像がたくさんになればなるほど、データの通信量が多いので、写真が主にあるページを、みるときは、しっかりと注意しましょう。

たかがWEBページ、されどWEBページ、思わぬ事態をまねく可能性があります。

特に、画像が多いホームページは、データの通信量が多いので、写真が主体のなるページを、覗くときは、注意しなければなりません。

ゲームをする時も、尋常ではない通信量を、使用するんです。

ゲームのクオリティが、上がれば上がるほど、情報量が上がり、重いデータを、食うことになります。

スマホは、私たちの生活にはなくてはならないものです。

できるならば、ストレスを溜め込まずに利用したいですよね。

1ヶ月に使用できる通信料を限られていますが、さまざまな裏技を駆使して、節制することが大切です。

LTE回線を使っていると、実は月7GBを越えると、すべてのユーザーが混乱なく、平等に通信可能になるように、恐ろしく速度が遅くなり、場合があります。

僕がまずやったのは、キャリアのデータ使いサービスである2
625円を、購入し、サクサクと2GBまでなら、通常の速度で動かせます。

容量をオーバーすると、データの通信は、明りょうに落ちてしまいます。

LTEサービスをうけることで、大容量のファイルを、あつかうときは有効ですが、皆が利用するため回線がパンクし、月に7GBの利用という、通信しか出来ないようになっています。

容量がオーバーすると、動画ホームページの鑑賞や、ダウンロードは著しく、データ量を使い、あっという間に7GBを、使ってしまい、通信速度が制限され、ストレスをうけることになります。

ゲーム中に、「通信中」と出るのは、かなり危ないかも、あるいは、厄介にも「ダウンロード中」などと、やたらと表示される、ゲームは注意したほウガイいでしょう通信制限をうけたことがありますか、ホント、速度は出ません。

ただの機械に成り下がってしまいます。

動画、ゲームは出来なくなります。

動画だけでなく、ツイッターなどの読み込みが億劫になります。

どうしようもな幾らい絶望的になります。

外出時、ネットの接続の、環境を創らないのなら、自宅にいる限り、ネット接続をwihiにすることにより、面倒な、通信制限をうけることなく、うけることが少なくなるでしょう。

7GBを超えてしまうと、通信の速度は、決定的に遅くなります。

知っていますか?docomoやauは翌月1日に、通信制限が解除されるようになっています。

ソフトバンクだけは、契約時の、締め日により、制限の解除日が、全部で3種類あります。

ま、また通信制限か、これになると、ネットの利用に制限が加えられ、難しくなり、速度がまったくでなくなります。

私たちの生活に密着しているのがスマートフォンです。

気持ちよく、利用したいものです。

1ヵ月に使用可能な通信量を、お得な技を使って、節制することが大切です。

購入はこちら>>>>>wifiを持ち運び、docomoのモバイル端末